京都で紅葉を見ながらランチ!紅葉ビューの食事スポット10選!

冬を前に紅く色づく京都の街はそれだけでもロマンティックな街です。さらに紅葉シーズンを楽しめる、京都で紅葉を見ながらランチできるスポットを集めてみました。


紅葉ビューの食事スポット10選!:京都の味を堪能出来る和食のお店


紅葉ビュー 出典:www.momijiya.jp
京都高雄 もみぢ家



京都といえばやはり和食です。京都の旬の食材を使った伝統的な料理は一度は食べてみたいものです。

『南禅寺ぎんもんど』
近江の豪商・小林吟右門の別荘跡を改装した和食のお店です。数寄屋造の贅沢な空間から、四季折々の風情を楽しめる池泉回遊式庭園を眺めながらお食事をいただけます。嵯峨森嘉豆腐の豆腐を使った『南禅寺名物湯豆腐ひととおり』(3564円)は人気メニューの一つです。
場所:京都市左京区南禅寺草川町43
営業時間:11:30~15:00/17:00〜22:00(LO19:30)
予算:3564円〜(税・サ込)
駐車場:16台
URL:『南禅寺ぎんもんど』 http://gimmond.co.jp/nanzenji/
『嵯峨豆腐 森嘉』http://sagatofu-morika.co.jp





『もみぢ家別館 川の庵』
創業100年の伝統を持つ『京都高雄 もみぢ家』は神護寺の麓にある料理旅館です。別館の『河野庵』は神護寺と川を挟んで反対側に建てられた、川床式の食事どころが人気です。京都の旬の素材を使った四季折々の料理を、もみぢ家自慢の紅葉に彩られた贅沢な風景を見ながら楽しめます。
場所:京都府京都市右京区梅ヶ畑西ノ畑町
営業時間:10:00〜17:00
予算:5400円〜(税込)
駐車場:有(本館)
URL:『京都高雄 もみぢ家』http://www.momijiya.jp





『京料理 木乃婦』
創業80年の歴史を持つ京料理の料亭です。本格的な京都の味を堪能できるほか、ランチには手軽な松花堂弁当も提供しています。ワインに合う創作料理も手掛けており、気軽に京都の味を楽しめることができます。
場所:京都市下京区新町通仏光寺下ル岩戸山町416
営業時間:11:30〜14:30/17:00〜19:30
予算:2000円〜(税抜)
駐車場:有
URL:『京料理 木乃婦』http://www.kinobu.co.jp/open.html





『嵐山よしむら』
京都嵐山・渡月橋のたもとにある『嵐山よしむら』は、国産の蕎麦にこだわり、石臼で挽いたそば粉で、香り高い打ちたての蕎麦を楽しめるお店です。2階席にある大きな窓からは、紅く色づいた紅葉の向こうに渡月橋の見える絶景を堪能できます。
場所:京都市右京区嵐山渡月橋北詰め西二軒目
営業時間:11:00〜17:00(観光シーズン 10:30〜18:00)
予算:1080円〜(税込)
駐車場:なし
URL:『嵐山よしむら』http://www.arashiyama-yoshimura.com/soba/index.php




紅葉ビューの食事スポット10選!:京都の秋を愛でつつ洋食を楽しめるお店


紅葉ビュー 出典:www.thesodoh.com
THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO


京都には色づく紅葉を眺めながら、京都の旬の食材を使った洋食を楽しめるレストランも多くあります。歴史のある建物でいただく洋食もまた風情があっていいですね。


『THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO』
昭和4年に日本画家・竹内栖鳳が建てた邸宅跡を改装して作られたイタリアン・レストランです。八坂の塔のすぐ東隣に広がる1300坪の空間には、優美な日本家屋のレストランやバー、カフェがあり、赤く色づいた紅葉で彩られた庭園が広がる大人の時間を過ごせます。
場所:京都府京都市東山区八坂通下河原東入ル八坂上町366
営業時間:
ランチ 11:00〜14:30
ディナー 17:30〜23:00
カフェ 11:00〜16:00
バー 20:00〜24:00
予算:2000円〜(税込)
駐車場:なし
URL:『THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO』http://www.thesodoh.com/restaurant/#first-resevation-tab02



『梅小路パークカフェ』
梅小路公園内にあるカフェ・レストラン『梅小路パークカフェ』は、上賀茂や洛北の農家から直接仕入れた新鮮な京野菜を使った自家製ピザが自慢のお店です。ピザやピザサンドなどのリーズナブルで軽めのメニューが豊富で、テイクアウトもできるので公園内で色づく紅葉を眺めながらのランチを楽しめます。朝9時からモーニングも営業しているので、早起きさんにもありがたいお店です。
場所:京都市下京区観喜寺町15(梅小路公園内)
営業時間:9:00〜17:00(土日祝/9:00〜18:00)11〜2月
予算:480円〜(税抜)
駐車場:119台(交通弱者専用駐車場)
URL:『梅小路パークカフェ』http://www.u-parkcafe.com



紅葉ビューの食事スポット10選!:紅葉を眺めながらカフェ・タイムを楽しめるお店


紅葉ビュー 出典:www.koichaya.jp
デセール


お食事処もそうですが、歩き疲れたら少し一休みしたいものです。せっかく休憩するのであれば、紅葉の見れるカフェスポットに行ってみましょう。

『甘味処 ぎをん小森』
伝統的な今日の町屋の保存地区にある『甘味処 ぎをん小森』は、白川沿いに並ぶ色づいた紅葉を眺めながらお茶を楽しめるお店です。元茶屋の風情のある落ち着いた雰囲気の中で、老舗のこだわりが感じられる抹茶やわらび餅を使ったスイーツが絶品です。
場所:京都府京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町61
営業時間:11:00〜21:00(日・祝〜20:00)
予算:780円〜(税込)
駐車場:なし
URL:『甘味処 ぎをん小森』 http://www.giwon-komori.com



『よーじやカフェ 銀閣寺店』
哲学の道沿いにある『よーじやカフェ』は旧家屋の趣をそのまま利用した座敷スタイルのカフェで、色づく庭を眺めながら自慢のスイーツを堪能できます。事前予約をすれば2階席で京都の旬が詰まったお弁当をいただくことができます。離れにはあぶらとり紙をはじめとする化粧雑貨を扱うショップも併設されています。
場所:京都市左京区鹿ヶ谷法然院町15
営業時間:10:00〜18:00
予算:480円〜
駐車場:なし
URL:『よーじやカフェ 銀閣寺店』 http://www.yojiyacafe.com/store/ginkakuji.html


『デセール』
ホテルで経験を積んだパティシエ自慢のスイーツを提供している『デセール』は、四季折々の風情を楽しめる庭園を眺めながらティータイムを満喫できます。全部で4種類の味を楽しめる『デセールセット』(1950円)が人気メニューです。
場所:京都府京都市右京区嵯峨観空寺岡崎町23-1
営業時間:12:00〜18:00
予算:1100円〜
駐車場:なし
URL:『デセール』http://www.koichaya.jp/dessert/index.html



『デザートカフェ長楽館』
実業家・村井吉兵衛によって迎賓館として建築された洋館を利用した『長楽館』は、東京の鹿鳴館に引けを取らないくらいに華やかな時代のあった建物です。歴代の皇室や政治家も訪れた豪華な洋館には、フレンチ・イタリアン・デザートカフェが併設されています。ロココ様式の『迎賓の間』でいただくアフタヌーンティーは、豪華な室内の窓の向こうに紅葉の見える贅沢な空間です。
場所:京都市東山区祇園円山公園
営業時間:10:00〜20:30(アフタヌーンティー/12:00〜18:00)
予算:800円〜
駐車場:10台
URL:『デザートカフェ長楽館』http://chourakukan.co.jp/cr/cafe.php




番外編:料亭やお茶屋の仕出しの味で紅葉を楽しむ


Sponsored Link

京都の味を楽しめるのは何も飲食店だけではありません。伝統的な仕出しの味を提供してくれる、京料理のお店もあります。中には、テイクアウトで提供してくださるお店もあるので、お弁当を持って紅葉をスポットへ行くのも楽しそうですね。お子様連れには嬉しいサービスです。


『京趣味 菱岩』
天保元年(1830年)に創業した『京趣味 菱岩』は、季節と五色を意識した仕出しの専門店です。伝統の味を彩りよく詰めた『折詰弁当』(3780円)は人気メニューの一つです。事前予約が必要です。
場所:京都府京都市東山区西之町213
営業時間:11:30〜21:00
予算:4000円〜
駐車場:なし


『京料理 井政』
中央卸売市場のすぐそばにあり100年の伝統を誇る『京料理 井正』は、前日までに予約をすると京都駅までお弁当を届けてくれるサービスをしているありがたいお店です。店内でも旬の食材を使った京料理をお召し上がりいただけます。
場所:京都市下京区七条通御前西入ル
営業時間:11:30~19:30
予算:2100円〜
駐車場:2台
URL:『京料理 井政』http://www.kyoto-imasa.com


京都の秋を『目』と『舌』で満喫する旅


海外からも多くの観光客が訪れる京都は、紅葉のシーズンにはより一層の人出が予想されます。京都の日本料理は海外の人にも人気です。事前の予約を取っておくのがオススメです。
色づく景色を見ながら、京都との味を堪能する時間。京都の紅葉の名所を巡ってあちこち飛び回るのも悪くないですが、こういった贅沢な時間を過ごすのもたまにはいいですよね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ