俺物語・結婚式の前日にの鈴木亮平の筋肉画像とCM!結婚はしてる?

先日発表された「東京ドラマアワード2015」。その中で、作品賞・主演男優賞など、見事4冠に輝いたのが、今春放送された「天皇の料理番」です。主演の佐藤健はもとより、このドラマで注目されたのは鈴木亮平さんの演技ではないでしょうか?佐藤健演じる秋山篤蔵の兄、周太郎を演じた鈴木亮平さんはそのストイックな役作りも話題になり、助演男優賞を受賞しました。


そんな鈴木亮平は、10月からスタートしているTBS火曜10時からのドラマ「結婚式の前日に」に出演しています。今回は、この鈴木亮平にスポットを当てて、過去の出演作や役作りのエピソードなどをご紹介します。


いま旬な俳優、鈴木亮平のプロフィール!


鈴木亮平 出典:natgeo.nikkeibp.co.jp


本名:鈴木亮平(すずきりょうへい)
生年月日:1983年3月29日
血液型:A型
出身地:兵庫県西宮市


鈴木亮平が俳優としてデビューしたのは、2006年23歳のときでした。それまでは、学生時代にNHKでアルバイトをしたり、長身を生かしたモデルの仕事などをし、そのかたわら演技の勉強を続けていました。

鈴木亮平は、東京外国語大学卒で英検1級の資格を持っていたり、世界遺産検定の1級に合格したりと、俳優以外にもかなり博学な顔を持っています。そして、プライベートでは2011年に一般女性と結婚、今年4歳になる女の子の父親でもあります。


鈴木亮平の代表作とは?


鈴木亮平 出典:prcm.jp


ここで、鈴木亮平の過去に出演した作品をご紹介します。

<ドラマ>
・レガッタ君といた永遠
・花ざかりの君たちへイケメン♂パラダイス
・生まれる。
・鍵のかかった部屋
・花子とアン
・天皇の料理番

<映画>
・カイジ 人生逆転ゲーム
・HK/変態仮面
・ホットロード
・風に立つライオン
・海街dairy
・俺物語!!

この中で、鈴木亮平が一躍スポットを浴びた作品といえば、NHKの「花子とアン」ですよね。そして、あの「天皇の料理番」へと繋がっていきます。天皇の料理番では、結核を患い病床にふすという役どころだったため、撮影中は徐々に体重を減らしていったそうです。


そしてラストシーンの撮影のときの体重は、なんとベスト体重よりも20kg減!あの鬼気迫る演技は、体全体から滲みでたものだったんですね。そんなストイックさに誰もが驚きましたが、鈴木亮平にはその後さらに驚かされます。それは、次の作品の役作りのために、今度は体重を30kg増やしたのです。


その作品は、10月31日公開の映画「俺物語!!」。この映画での鈴木亮平の役は、正義感が強く純情な高校1年生で、中学まで柔道部に所属していた100kgを超える巨漢という設定でした。短期間でこの体を作るには相当大変だったと思いますが、特に専門のトレーナーなどはつけず、ジムに通い自己流で体重を増やしたのだそうです。





これだけ、体重の変動があると周りが心配してしまいますよね。現在はベスト体重に戻っているそうで、奥様もこれでやっと安心できるのではないでしょうか。


↓ 筋肉画像
http://trend-note.com/wp-content/uploads/2013/12/suzukiryouhei2.png


ドラマ「結婚式の前日に」のあらすじとは?


鈴木亮平 出典:horisage.jp


このドラマは、原作のないオリジナル脚本によるもので、主役を演じるのは4年ぶりにドラマ主演となる、香里奈さんです。物語は、結婚を控えた芹沢ひとみ(せりざわひとみ)(演:香里奈)を中心に展開されます。ひとみは不動産会社に勤めるOL。父子家庭で育ち、医師である園田悠一(そのだゆういち)(演:鈴木亮平)との結婚を100日後に控えていました。


ある日、ひとみは健康診断でMRI検査を受けたところ、脳腫瘍が発見されました。腫瘍は周囲にまで浸潤していて、発生場所から見ても手術は難しいと宣告されます。そんなひとみの前に、ひとみが3歳の時に亡くなったと聞かされた、母柏田可奈子(かしわだかなこ)(演:原田美枝子)が突然現われます。今ままで、思いもしなかった大きな病気が、自覚症状もなく発見されたときのショックと絶望は計り知れないものがありますよね。


ひとみは、その後悠一の勧めで受けたセカンドオピニオンで「5年後の生存率がわずか20%」と宣告されます。果たして結婚式を無事に迎えることができるのか?そして、ひとみと母親の関係もこれからどんな風に変わっていくのか気になるところです。


「結婚式の前日」での鈴木亮平の役どころとは?


Sponsored Link

このドラマでの鈴木亮平は、とても辛い役どころですよね。医師という、病気の知識がしっかりとある立場で、難病の婚約者を支えなければならなくなった悠一。その葛藤が第2話の悠一のセリフにも表れています。「病気の君や、病気の苦しみが見えるから怖い。


正直、君を支えることができるか不安だった」だけど、そのあと「そんな僕で良かったら結婚してください。生きてください」とひとみに改めて結婚を申し込みます。この決心が揺らぐことなく最後まで貫き通せればいいのですが、2人の周りには悠一の母や幼なじみの真菜など、人間模様が渦巻く予感を感じさせる人物がいます。ひとみと悠一には、これから様々な障害が出てくると思います。


誠実な人柄が人気の秘密?鈴木亮平の魅力とは?


鈴木亮平がブレイクするきっかけとなった「花子とアン」。このドラマの中で、鈴木亮平は主演の吉高由里子さん演じる村岡花子の夫、英治を演じました。既婚者である英治は、花子と接するうちに次第に花子に惹かれていきます。


そして、苦しみながらも最後は花子と一緒に歩む道を選びます。鈴木亮平は当時のインタビューの中で「英治という人物に共感できる部分が多かったが、唯一共感しにくかったのは妻がいながら花子へ抱く思い」と語っています。もともと実生活には役を引きずらないタイプだそうですが、このときばかりは日々葛藤しながら演じたそうです。


実生活では、家庭を持っている鈴木亮平の誠実さが表れている言葉だと思います。ストイックな強い一面を持っている一方で、誠実で繊細な一面を持っている、鈴木亮平が注目される理由がわかりますね。


鈴木亮平のCM動画です。

エスエス製薬 エスカップ CM 前向キングオフィス篇

https://youtu.be/zAQdUMh1ols


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ