京都アート2015!琳派400年記念!紅葉のあとに美術館めぐり

2015年は京都で琳派が誕生し400年目を迎えました。これを記念して京都各地では様々なイベントが行われています。紅葉を見に行くついでに、今年限定のイベントを巡ってみましょう。

ところで『琳派』って何?


琳派400年記念
『琳派』とは、日本美術の様式の一つを指し、本阿弥光悦や俵屋宗達らによって、桃山時代に始まり、尾形光琳・乾山兄弟に寄って発展しました。琳派は尾形光琳の名前から取られました。


琳派は他の狩野派や円山・四条派と違い、師弟関係を持たずにその作風に傾倒する芸術家たちが、独自にその題材や特徴を踏襲し、そこへ自らの解釈・発見が加わることによって反転してきました。同じ琳派に属していても、作家の個性が作風に影響しています。


代表的な作家には、本阿弥光悦や俵屋宗達、尾形光琳・尾形乾山兄弟、酒井抱一などがいます。現在でも彼らの作品は評価が高く、骨董の世界では高値で取引されています。


2015年は『琳派400年記念』:琳派にゆかりのある古刹


建仁寺
出典:www.fukei-kabegami.com


紅葉の名所にあげられる寺社の中には、琳派ゆかりのところも少なくありません。


『建仁寺』は俵屋宗達の筆による『風神雷神図屏風』があります。現在、実物は京都国立博物館にあり、建仁寺で見られるのはレプリカになりますが、本来あった場所で見る『風神雷神図屏風』は、その存在感が見るものに伝わってきます。『風神雷神図』はよく好まれて描かれる題材で、他の作家によるものもの存在しています。

建仁寺:http://www.kenninji.jp





『養源院』では4枚ある杉戸のおもてうら8面に、白象や獅子、麒麟などの動物たちの姿がユニークに描かれた『杉戸白象図』があります。建仁寺と同じ俵屋宗達の筆によるもので、本堂には同じ宗達の描いた襖絵『松図』もあります。





『善峯寺』は近代琳派の神坂雪佳の筆による『紅白梅・流水図書院襖』があります。ヨローッパでアール・ヌーボーの華やかな意匠の中に、日本芸術の良さを再確認した雪佳は、琳派を踏襲しながらも、その柔らかく繊細なタッチなど独自の作風を開花しました。

善峯寺:http://www.yoshiminedera.com





周辺の美術館でも琳派をテーマにした企画展示が開催されています。2015年は滅多にお目にかかれない作品も展示されているので、時間を作ってでも是非見に行きたいイベントです。


紅葉にばかり目を奪われずに、琳派ゆかりの作品もじっくり鑑賞してください。


琳派アートに間近に触れる:京都アート2015!


京都国立博物館 出典:blog-imgs-32-origin.fc2.com


寺社だけでなく、京都の博物館・美術館でも琳派に関する企画展示が開催されています。広洋の名刹を巡ったあとに、今度はじっくりと間近で鑑賞してみましょう。


京都国立博物館の『琳派 京を彩る』(10/10〜11/23)では琳派の各世代の作家たちを作品とともに紹介します。俵屋宗達・尾形光琳・酒井抱一の『風神雷神図屏風』が一堂に会することで注目を集めています。尾形光琳の『風神雷神図屏風』の裏に描かれていた、酒井抱一の『夏秋草図屏風』もぜひ鑑賞しておきたい作品です。


京都国立近代美術館の『琳派イメージ展』(10/9〜11/23)では神坂雪佳の『杜若図屏風』を始め明治〜昭和期にかけて活躍した作家たちの約80点に及ぶ作品をが展示されています。近代美術館らしく、ファッションやグラフィック、工芸など幅広い分野の作品の中に、どのように琳派が息づいているのかを感じれられる展示となっています。


細見美術館では滋賀県のMIHO MUSEUMが所蔵する尾形乾山の作品を展示した『琳派のやきもの 乾山』(9/19〜11/23)を開催しています。透彫と桔梗の花びらが広がったモダンなデザインの『色絵桔梗文盃台』や、10客全てデザインの違う紅葉と竜田川がモチーフの『色絵竜田川図向付』など、名品の数々が展示されています。


ミュージアムショップで2015年にしか手に入らない『琳派』グッズをお土産にするのも記念になりますね。博物館や美術館にはカフェが併設されていることも多いので、休憩スポットとして利用するのもオススメです。細見美術館では事前の申し込みで本格的な茶の湯体験をすることができます。時間に余裕があれば体験してみたいですね。


京都国立博物館:http://rinpa.exhn.jp

京都国立近代美術館:
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2015/410.html


2015年にしか会えない限定イベント!:非公開文化財特別公開


Sponsored Link

京都では年に2回、春と秋に非公開文化財特別公開が行われています。毎回違う文化財が公開されるため、展示されている文化財や寺宝は、2015年の秋にしか出会えない貴重な体験です。中には今回が初公開の名品も数多くあります。


知恩院の国宝『三門 二層内部』は日本最大級の大きさの三門で、内部には釈迦牟尼仏増・十六羅漢増などが安置されています。


東寺(教王護国寺)灌頂院の重要文化財『金堂 十二神将像』は今回が初公開です。本尊・七仏薬師如来の台座の周りを囲む12の武神を見ることができます。


龍安寺では方丈から東庭を挟んで東北側にある『茶室 蔵六庵』が初公開されます。方丈の裏手に展示されている蹲の本物を見ることができます。


他にも重要文化財や初公開の貴重な品が数多く公開されています。開催期間は10/30〜11/8と非常に短い期間ですが、お出かけの期間と合う場合は、ぜひ立ち寄ってみてください。


公益財団法人古都古文化保存協会:http://www.kobunka.com


自然の美・紅葉と、匠の技・アートを楽しむ旅


琳派とは関係ありませんが、京都にある美術館のミュージアムショップに立ち寄って、そこでしか手に入らないオリジナルのグッズを手に入れるのもオススメです。
細見美術館のARTCUBE SHOPでは、老舗とコラボしたり工房と共同開発したりした、魅力的な和雑貨が人気アイテムとなっています。陶器や漆器、金工や布・紙など幅広いジャンルの中から、お気に入りの一品を探してみてください。


自然の作り出した美しさを堪能する紅葉狩りの後は、人間の手が作り出したもうひとつの美術品にも触れられる、『紅葉とアート』といったテーマの旅も新しい発見のできる観光になるはずです。

細見美術館・ARTCUBE SHOP:http://www.artcube-kyoto.co.jp/shop/index.html

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ