京都紅葉・赤山禅院へのアクセス・駐車場情報!周辺でランチは?

比叡山の麓にある赤山禅院(せきざんぜんいん)は『赤山さん』と呼ばれ、人々に親しまれています。古くは『もみじ寺』とも呼ばれるほどの、紅葉の名所でもあります。

京都・赤山禅院の由来と紅葉の見頃について


赤山禅院 出典:http://www.sekizanzenin.com/shiki.html


仁和4年(888年)に慈覚大師円仁の遺言により創建されました。延暦寺の塔頭で、ご本尊は陰陽道の祖神(おやがみ)・泰山府君(赤山明神)です。京都の表鬼門にあり、王城鎮守・肩除けの神として信仰を集めています。

例年、11月中旬から12月上旬にかけて境内の紅葉が見頃になります。
空を覆うほどに伸びたモミジの枝が、参道を紅葉のトンネルのように包み、境内はまるで錦絵を見ているかのような見事な紅葉に包まれます。11月から2月にかけて咲く寒桜も見どころの一つです。


赤山禅院までのアクセスと駐車場情報


赤山禅院 出典:http://www.sekizanzenin.com/shiki.html


赤山禅院までは叡山電車・修学院駅からか市バスの5系統・31系統・65系統で修学院離宮道から、歩いて約20分ほど、もしくは市バス北8系統・修学院道から徒歩15分です。
叡山電車・修学院駅からタクシーを利用すると5分で到着します。地下鉄烏丸線・松ヶ崎駅からもタクシーなら7分の距離です。
駐車場は付近のもあまりないので、公共交通機関とタクシーを利用することをオススメします。

赤山禅院:http://www.sekizanzenin.com


赤山禅院周辺でオススメのランチ・ディナースポット


Sponsored Link

赤山禅院周辺はほとんど飲食店がないですが、修学院駅から一乗寺駅にかけて、特に一乗寺駅州へには多くの飲食店が集まっています。松ヶ崎駅周辺も修学院駅周辺に比べると飲食店が多いので、交通の便に合わせてどちらかの駅へ出るのがオススメです。


『やまが』
叡山電車・修学院駅から歩いて3分のところにある蕎麦屋です。季節のセットメニューもあり、丼物などのご飯も用意されています。冬季限定のうどんすき(2860えん)は冷えた体を温めてくれます。
営業時間:11:00〜15:00/18:00〜21:30(日祝 11:00〜15:30/17:0〜21:30)
予算:1000〜2000円
場所:京都府京都市左京区北山通白川南西入ル





『ワイン・カフェ Pino』
京都市地下鉄・松ヶ崎駅の近くにある『Pino』は、ピザやパスタなど気軽に楽しめるイタリアンレストランです。ワインに合う料理も豊富に用意されているので、昼は軽く夜はしっかりと食事を楽しめるお店です。赤と黒を基調にしたシックでオシャレな店内で、大人の時間をゆっくりと過ごすことができます。
営業時間:11:30~23:00(L.O.22:00)
予算:ランチ 1000〜2000円/ディナー 3000〜4000円
場所:京都市左京区松ヶ崎井出ヶ海道町6-6
URL:http://www.pino-kitayama.jp/index.html





『AOW』
天然酵母と国産小麦を使用した自家製パンとタイ料理のお店『AOW』は一乗寺駅のすぐそばにあります。タイ北西部で8年もカフェを経営していた店主の作るタイ料理は、タイ式の2段弁当箱に詰めてテイクアウトもできます。
営業時間:11:30〜19:00(土曜日|21:00頃まで)売り切れ次第終了
予算:1000円前後
場所:京都市左京区一乗寺払殿町12-17
URL:http://aowzora.jimdo.com





今でも京都の表鬼門を守り続ける歴史ある寺院


京都・赤山禅院は1100年以上もの長い間、京都の表鬼門を守ってきた由緒ある寺院です。これからも京都の外れからひっそりと京都の町を守り続けます。紅葉を楽しみながら、静寂の中に『赤山さん』と呼ばれるほどに親しまれるようになった、長い時間の流れも感じとってみてください。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ