源氏物語舞台の宇治へ行こう!平等院鳳凰堂と宇治上神社!駐車場情報

紫式部の源氏物語「宇治十帖」の舞台となった宇治。平安時代の貴族の優雅な雰囲気を感じに、少し足をのばしてみてはいかがでしょう?世界遺産「平等院」を中心に宇治を紹介いたします。

宇治といえば10円玉の絵で有名な「平等院鳳凰堂」


平等院鳳凰堂 出典:matome.naver.jp


10円玉に描かれている神殿は「平等院鳳凰堂」というのは有名ですね。鳳凰堂の屋根の上に金色に輝く「鳳凰」は一万円札のデザインにもなっています。平安時代の後期、藤原頼通によって建てられました。贅沢な宮殿が水面に映り込む姿は、まさしく極楽浄土を思わせる美しい姿です。


修復によって建物は建設当時の朱色に再現され、晴天時は青い空に建物が映えて、王朝時代の華やかな雰囲気が感じられます。どこからみても美しい姿にじっと見入ってしまうほどです。「鳳凰堂」の内部は「丈六阿弥陀如来坐像」が鎮座し、周囲の壁や扉には九品来迎図、阿弥陀仏の背後には極楽浄土図、そして小壁には52ものの雲中供養菩薩像がかけられています。


内部の見学は、混雑していると2時間、3時間待ちということもあります。時間がない方は、敷地内の平等院ミュージアム鳳翔館でも展示・再現されていますので、真近でその手の込んだ一体一体異なる仏像の顔を眺めることができます。


拝観時間開門 8:30~17:30
ミュージアム鳳翔館 9:00~17:00
鳳凰堂内部受付 9:10~16:10
内部拝観は 9:30~以後20分ごとに1回50名


駐車場は南門付近に市営の宇治駐車場があります。
宇治駅周辺にもコインパーキングがあります。
京都駅からはJR奈良線快速17分「宇治駅」下車徒歩10分なので、電車でもとても行きやすいです。     





境内全体が世界文化遺産の「宇治上神社」


宇治上神社 出典:find-travel.jp


平等院から宇治川を挟んで対岸にある「宇治上神社」は、菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)、父の応神天皇、兄の仁徳天皇を祀る本殿が、現存する日本最古の神社建築となっています。平安時代の神殿を思わせる趣のある建物です。


けして規模は大きくないですが、山間の自然豊かな緑に囲まれ、厳粛な雰囲気で参拝できますよ。本殿の前には、清め砂が盛られ、その砂は購入することができます。樹齢300年のケヤキや今でも湧き続ける宇治七名水一つ「桐原水」(他6つは枯れてしまったそうです)を巡って、神聖な空気と大地のパワーをもらいましょう。パワースポットとして紹介されていることもしばしばあります。 結婚式も挙げられるそうですよ。


駐車場は無いので、宇治駅周辺のコインパーキングに停め、ゆっくりと宇治橋渡り、川のせせらぎを聞きながら参拝することをおすすめします。






「源氏物語」を知ろう!「宇治市源氏物語ミュージアム」





紫式部の「源氏物語」は平安時代の光源氏とその周囲の性との恋物語です。第一部・二部の舞台は平安京、宇治はその第三部「宇治十帖」の物語の舞台となりました。ミュージアム内は源氏物語の内容を分かりやすく映像や展示によって、その華やか時代を感じることができます。


物語の内容を知れば、より宇治の魅力が増すことでしょう。平成20年(2008年)に源氏物語誕生千年目を迎えました。その歴史の重みを感じずにはいられませんね。


開館時間9:00~17:00(受付16:30まで) 駐車場あり(15台)


おすすめ宇治抹茶スイーツ!


Sponsored Link

宇治駅から平等院に向かう参道添いを行くと、お茶の良い香りがどこからともなく香ってきます。静岡茶と狭山茶と並んで宇治茶は日本三大茶と呼ばれお茶の高級ブランドです。綺麗な緑色と香ばしいお茶の香りは癒されますね。抹茶スイーツを出すお店はいくつかありますが、おすすめは「中村藤吉本店」です。


宇治には本店と平等院店とありますが、個人的には平等院店の方が、宇治川を眺めながら解放感ある店内でスイーツを頂けるのでおすすめです。京都駅店もありますので、宇治まで来れない人も味わえますよ。「生茶ゼリー」は絶品です。


他には「伊藤久右衛門本店」、「福寿園宇治工房」などありますので、こちらのサイトを参考も参考に、お気に入りの一品を見つけてくださいね。

http://find-travel.jp/article/1726


くつろぐ観光スポットとして


京都市内から少し離れると、緑豊かな山間と宇治川の自然がおりなす風景が見えてきます。貴重な世界遺産を宇治川の風に吹かれながら、ゆっくりと観光してみましょう。雄大な歴史の空気を感じられるのではないでしょうか。是非宇治まで足を運んでみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ