京都パワ―スポット伏見稲荷大社のアクセス!金運アップと家内安全

京都は歴史の街であると同時に古くから皆に信仰されているパワーワースポットが多く存在します。今回は金運アップのパワースポットを2つ紹介したします。

商売繁盛といは千本稲荷で有名な「伏見稲荷大社」


伏見稲荷大社 出典:shinto-shrine50.com

全国に3万社あるといわれている稲荷神社の総本山です。主祭神は宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)、その他佐田彦大神(さたひこのおおかみ)、大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)、田中大神(たなかのおおかみ)、四大神(しのおおかみ)が奉納されています。ご利益は商売繁盛、五穀豊穣、家内安全、諸願成就と多くありますが、特に商売繁盛で知られています。


初詣のお賽銭のなかには、並びのよい数字などを小切手にて納める人もいるほど、商売している方からの信仰は厚いものがあります。ここの絵馬は稲荷にちなんできつねの顔をかたどったもの。他にはありませんね。近年は外国人の人気観光スポットとして上位に選ばれ、多くの外国人が訪れる人気スポットです。山の頂にあるので紅葉も美しいです。




朱色の鳥居がまぶしい「千本鳥居」と「おもかる石」


伏見稲荷大社 出典:shinto-shrine50.com

本殿を抜けて奥の院まで続く千本鳥居はまさに圧巻。京都を舞台にするドラマなどにもよくでてくる風景です。鳥居の朱色は、朱色の持つ明るいイメージの語感と、生命や大地・生産の力を表す御霊を表す色として使われ、願いが叶った感謝として鳥居を奉納したと言われています。とても力強さを感じますが、なんだか狐に惑わされ迷宮に続くような感じもします。


鳥居を登った先は、「奥社奉拝所」があります。通称は「命婦谷」、一般には「奥の院」と呼ばれています。奥の院の脇に一対の石灯篭があります。灯篭の前で願いが叶うか否かを念じ、その後石灯篭の頭(石)を持ちあげ、その石の重さが軽いと感じれば願いが叶い、重いと感じれば願いが叶い難いという試し石があります。是非試してみたいものです。奥の院からの参道は稲荷山の頂上へと続き、至るところに大小の鳥居が奉納されているのを目にできます。一周すると1時間以上のコースになるので、足に自身のあるかは挑戦してみてください。決して狐に騙されて迷うことのないように。


参拝は昼夜自由 授与所は7:00~18:00 駐車場は参拝者専用駐車場あり(170台) 京都駅からJR奈良線「稲荷駅」下車すぐです。帰りは京阪電車「伏見稲荷」駅から乗り「四条駅」で降りれば祇園方面に行きやすいです。


遠方からもわざわざ来るひとがいるほど「御金(みかね)神社」


Sponsored Link

京都の中心地の中に、目をひく黄金の鳥居が目を引く「御金神社」。金運アップの神様として人気上昇中のスポットです。主祭神は金山毘古命(かなやまひこのみこと)で、鉱山・鉱物の神で、金・銀・銅など人に関わる金属全般にご利益のある神様です。特に通貨としての金・銀・銅のお金を司るとされ、最近は株式運用、資産運用、賭け事勝利、宝くじ当選を願う人が多く訪れるそうです。


境内にあるご神木はイチョウの巨木。それにちなんで絵馬がイチョウの葉をかたどっています。オリジナリティがあっていいですよね。このイチョウは冬になり葉が散ると、その先端が二匹の龍に見え、仲睦まじい夫婦龍として市民から愛されているそうです。金山毘古命の他、天照大神(あまてらすのおおみまみ)と月読神(つきよみのかみ)が祀られています。月読神が夜の神様であることから、参拝客は夜でも自由に参拝することができます。


駐車場はないので、周辺おコインパーキングを利用しましょう。
電車は市営地下鉄東西線「二条駅」から徒歩5分 「烏丸御池」から10分 京都駅から市バス9系統「堀川御池」徒歩5分




努力もあり、ご利益を願って


ご利益を願うばかりではなく、努力も相まって願いが叶うもの。真摯な気持ちで参拝したいものです。京都は本当に素晴らしい神様が沢山いらっしゃいますね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ