京都紅葉・鞍馬まで叡山電車でもみじトンネルを!ライトアップも!

叡山電車(えいざんでんてつ)は出町柳から比叡山方面と貴船方面につながる路線です。周囲を自然に囲まれ、四季折々の表情を楽しませてくれます。現在はすっかり紅葉シーズンの風物詩となったライトアップについてまとめまてみました。

叡山電車の由来と紅葉の見頃


叡山電車

叡山電車の叡山本線と鋼索線(叡山ケーブル)はともに大正14年(1925年)に開通された路線で、今年でなんと90周年を迎える歴史ある鉄道です。鞍馬線は少し遅れて昭和4年(1929年)に開通しました。どちらの路線も京都の名所・比叡山延暦寺や鞍馬寺・貴船神社などの観光地へと伸びる路線で、国内外からの観光客を運ぶ重要な足として活躍しています。


沿線は紅葉の名所としても人気のエリアで、紅葉の見頃は毎年11月中旬から下旬にかけてになります。京都の他の紅葉スポットに比べると、少し早めに盛りを過ぎてしまいます。周囲の山から電車の軌道を覆うように伸びたカエデやモミジが、真っ赤に色づいた紅葉のトンネルは見ごたえがあり、観光客からも大人気です。


シーズン中は展望列車『きらら』も運行しているので、ぜひ運行時間をチェックして乗れるように調整してみましょう。運行時刻は公式ホームページで確認しましょう。

叡山電車
HP:https://eizandensha.co.jp


叡山電車と貴船神社のライトアップ




貴船神社で毎年行われている『貴船もみじ灯篭』の時期に合わせて、叡山電車の鞍馬線もライトアップしています。


運行中は市原〜二ノ瀬駅間にある『もみじのトンネル』を速度を落としてゆっくりと走行し、観光客にシャッターチャンスを提供してくれます。『もみじのトンネル』を抜けた二ノ瀬駅から鞍馬駅までの2区間がライトアップされています。この期間は昼間の列車も『もみじのトンネル』は速度を緩めて走行しています。


『秋のもみじ列車』
期間:11/7(土)〜29(日)

『紅葉ライトアップ列車』
期間:11/7(土)〜29(日)


叡山ケーブル『八瀬もみじの小道』ライトアップ


Sponsored Link

叡山電車90周年を記念して、今年は『八瀬もみじの小道』でもライトアップが行われています。叡山ケーブル・ケーブル八瀬駅のすぐ横にある『八瀬もみじの小道』は、外周約300メートルの中にもみじが群生しているエリアで、回遊路の途中には『平安遷都記念塔』や『ラジオ塔』など近代建築の文化遺産なども見学することができます。


週末限定ですが期間の合う方は是非足を運んでみてください。静けさの中、あかりに浮かんだ紅葉を楽しめる穴場スポットです。


『八瀬もみじの小道』ライトアップ
期間:11/7(土)〜29(日)の金・土・日・祝
時間:17:00〜20:00
入場:無料


また叡山電車・八瀬比叡山口駅は毎日17時から最終電車まで、レトロな灯りで駅舎全体がノスタルジックな雰囲気に包まれます。叡山電車と同じく大正時代に建てられた90年の歴史を持つ駅舎は、その姿を見るだけでも見ごたえがあります。当時の建築の特徴を残した大きなハザードは見どころの一つです。普段は無人駅の『八瀬比叡山口駅』を見つめてきたハザードから、静けさの中何か囁き越えが聞こえてきそうな雰囲気です。


叡山電車『八瀬比叡山口駅』
場所:京都市左京区八瀬野瀬町113
HP:https://eizandensha.co.jp


京都・洛北の紅葉を車窓から楽しむ


叡山電車の沿線には比叡山・延暦寺や鞍馬寺、貴船神社をはじめとする観光名所もいっぱいあります。名所を巡る移動中も紅葉を楽しめて、洛北エリアは紅葉狩り一色の1日を過ごせるエリアですね。車窓から見る洛北の景色は、地上から見る景色とは違ったものが見えるかもしれません。洛北エリアは山間になりますので、防寒対策も忘れずに。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ