西島秀俊『無痛』7話の感想とあらすじ!ネタバレ注意!視聴率は?

前回は、高島菜見子(演:石橋杏奈)のロッカーから切断された手首が発見されたところで終わりました。今回は、為頼英介(演:西島秀俊)が久留米稔(演:津嘉山正種)の往診に来ているところから始まります。それでは、第七話の感想を書いていきます。

視聴率は7.1%でした。先週から少し下がりました。こんなに面白いのに不思議ですね。

「無痛〜診える眼」第7話 前半


西島秀俊 出典:prcm.jp


為頼は久留米に、白神メディカルセンターで無痛治療の研究に携わるつもりだと話します。新薬ができても服用しないという久留米は、「痛みは私だ」と言います。


白神陽児(演:伊藤英明)の秘書、横井清美(演:宮本真希)は白神に、研究の妨げになるような、ふさわしくない職員は整理すべきだと言います。白神は横井の不審な行動を問い詰めると、高島にストーカー行為をしていた佐田と連絡を取り合っていたことを話します。


横井は白神に大きな忠誠心を示していますが、ただの好意だけではないような気がします。何か理由があるのでしょうか。


イバラ(演:中村蒼)が腱鞘炎を起こしているのを診た白神は、イバラに備品倉庫から開腹セットやメスが大量に無くなっていると問います。イバラは「オペ」をしたと言いますが、場所を聞かれても覚えていません。


そして佐田の遺体が発見され、血液中から筋弛緩剤の使用が認められました。意識がある状態で抵抗力を奪われバラバラにされたのでした。
イバラを前にした佐田が全く抵抗しなかった理由がわかりました。


佐田の遺体は「白神メディカルセンター清掃部」と書かれたリネン回収カートに入れられていた為、白神は警察の捜査に全面協力し、南サトミ(演:浜辺美波)の事情聴取も許可すると言います。親の虐待により喉を痛め、はっきりと声を出せないでいたサトミ。


手術を行って順調に回復すれば元どおり声を出せるようになると白神は言います。白神がサトミの髪に触れようとしましたがサトミが手を払い除けたのは何か気になりましたね。サトミは誰もいないところで声を出していました。しかし元どおりに戻った声なのか、まだはっきり声をだせないでいるのか分かりませんでしたね。


「無痛〜診える眼」第7話 後半


Sponsored Link

刑事の早瀬順一郎(演:伊藤淳史)は為頼に事情聴取に立ち会ってサトミに犯因症がでるかか確かめてほしいと依頼します。しかし為頼は、犯因症が診えてもそれは単純な問題ではないと言います。為頼は妻を亡くなる前日に、殺人を犯すはずのない妻に犯因症を診たのでした。


早瀬と為頼の話を聞いていた義姉の和枝(演:浅田美代子)は、「妹のことを分かっていない。どうして早く病気を見つけてくれなかったのか、どうしてもっと生きさせてくれなかったのか」と為頼に悲しみをぶつけました。


次の日の朝、和枝は朝食を用意し、為頼と顔を合わせて食事をとります。悲しい時期を一緒に過ごした為頼と和枝は家族になっているんだと思いました。


イバラは院長室で大量の薬を飲みます。それは白神が研究している痛みを取り除くという新薬でした。渡されていた薬を「オペ」をする前にすべて飲んだと言ったイバラ。白神は「データをとる」ため、薬の服用を止めさせていました。


イバラは離脱症状をだし、為頼と白神の前で犯因症をあらわにするのでした。イバラは佐田を危めた犯人だからだ、と言う白神は淡々としていましたね。防犯カメラにイバラがリネン回収カートを押しているのを見つけた早瀬たち警察はイバラを連行していきます。


痛みを取り除くことに疑問を持ち始めた為頼は、研究に協力することを考えさせてくださいと白神に言います。積極的な治療を行うことなく亡くなった自分の妻や久留米のことを否定したくなかったのでしょう。


「無痛〜診える眼」第7話 まとめ


第七話も目が離せませんでしたね。今回も謎が増えるばかりです。白神の弟はなくなっているようです。無痛治療にこだわるのはその弟に理由があるのでしょうか。イバラは「データをとる」ために病室に閉じ込められ、様々な機械を付けられていました。病室から抜け出すときイバラには「いいかイバラ」という声が聞こえたようでした。それは白神の声だったのでしょうか。そして、白神が横井に「南サトミを引き続き監視するように」と指示を出していたことも気になりますね。次回も見逃せません。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ