綾野剛『コウノドリ』6話の感想あらすじ!ネタバレ注意!

前回は、中学二年生の女の子が妊娠出産し、生まれた赤ちゃんは特別養子縁組の制度をつかって養父母へあずけられるというお話でした。今回は腹痛と出血を訴えた妊娠31週の妊婦さんがペルソナ総合医療センターへ運ばれてくるところから始まります。それでは第六話の感想を書いていきます。

「コウノドリ」第六話 前半



綾野剛 出典:cdn-ak.f.st-hatena.com


その妊婦さんは子宮筋腫の手術をしており、その傷から子宮破裂をおこしていました。子宮破裂をおこすと、赤ちゃんは裂傷部から子宮の外に出てしまうことて、母体は出血性ショックで死亡してしまうことがあるそうです。また、帝王切開や多胎妊娠を経験している場合も注意が必要のようです。
この妊婦さんの赤ちゃんは助かりませんでした。母体も破裂部分の修復ができず、子宮の摘出を行いました。


年齢は43歳で、何度も体外受精をしてきたと聞いた救急救命医の加瀬(演:平山祐介)は、「10年前に産んでおけばよかった」と言います。それに対し下屋(演:松岡茉優)は、はげしく意見します。


「若いうちに産む」というのは正論で、女性も分かってはいるけど簡単な問題ではないです。「キャリアをつむ」という言葉は大げさだけど、ただ生活のために、ただ居場所を確保するために、と一生懸命に仕事をしていると他のことは後回しになってしまう女性も多いのではないでしょうか。


晩婚化が進み、第一子の出産年齢は30歳を超え、六組に一組は不妊治療を受けているそうです。


「30過ぎてしまう」、と下屋は新生児科医の新井(演:山口紗弥加)を指しながら言いますが、新井はそれに怒ることないのは下屋と同じ意見なのでしょう。「産休後復帰できない女医は多い」と話す新井。お医者さんの世界もまだ男社会なのでしょうか。


「コウノドリ」第六話 後半


Sponsored Link

臨月の時に妻を交通事故で亡くし、産まれた赤ちゃんを男手一つで育てている永井(演:小栗旬)。「保育園の迎えがあるから接待に行けないでは困る」と上司に言われながらも、懸命に父親になろうと奮闘しています。一人で育てるというのは、シングルマザーもシングルファザーも同じです。子育てにかかわる人数が多いのに越したことはありませんが、頑張って欲しいですね。


相沢美雪(演:西田尚美)は、六回目の人工授精を行いましたが今回も着床しませんでした。医者からは体外受精へのステップアップをすすめられますが、だんだん自然でなくなっていると躊躇します。診察後、会社に出社すると、同僚が妊娠報告をしているところでした。「長期に休むなら辞めて欲しい」と陰で話され、自分は不妊治療しているから手放しで喜べず、複雑な心境です。


鴻鳥サクラ(こうのとりさくら)(演:綾野剛)が診察する妊婦、竹下敦子(演:森口瑶子)も43歳。不妊治療の末、妊娠し臨月を迎えました。妊娠高血圧症候群が懸念されたため管理入院を経て、帝王切開で出産します。しかし、子宮の収縮が悪く出血が止まらないため子宮を摘出する手術を行うのでした。


「コウノドリ」第六話 まとめ


今回は高齢出産についてでした。竹下夫婦が保育器をのぞく姿は本当に幸せそうでしたね。20代前半で結婚、出産するのが良いのか、女性がどんどん社会に出ることが良いのか判断は難しいです。年齢の高いお母さんに育てられた方が子供のけがや入院が少ないことや、言葉の発達が早いなどメリットがあるとありましたが、高齢出産のデメリットの方が大きいような気もします。


しかし一番あってはいけないことは、キャリアの為にと、人工妊娠中絶を選択することだと思いました。


次回は助産院での自然分娩についてです。これも問題提起されることが多いですね。次回も見逃せません。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ