阿部寛『下町ロケット』6話の感想とあらすじ!ネタバレ!

数々の苦難を乗り越え、ついに念願の純国産ロケットの打ち上げに成功した帝国重工と航平(演・阿部寛)たち佃製作所。
でもその夢の成功だけでは、佃製作所を守り社員たちの生活を支えることは出来ません。
帝国重工との取引でさらに業績を伸ばす佃製作所に、さらなる試練が…? 新たなる挑戦、『ガウディ編』!第6話の感想とネタバレをお送りします。

あらたなライバルの出現…?


下町ロケット 出典:www.tbs.co.jp


ロケット打ち上げ成功から3年。佃製作所は帝国重工との取引で順調に業績をあげていました。そこに大手企業・日本クラインから精密機械部品の試作の依頼が入ります。しかしそれが何に使う部品かは教えてもらえず、量産化の約束はする、というなんとも佃製作所からすると一方的な依頼。江原(演・和田聰宏)が人づてに得た情報で、それが人工心臓の部品だと判明。しかし医療器開発は人命にも関わるゆえに、リスクが大きい仕事です。難色を示す社員たちの声を抑え、新しい世界に踏み込むことを決める航平。


一方帝国重工の関連企業懇親会に出席した航平は、財前(演・吉川晃司)と久しぶりに再会。そこに現れた調達グループ部長・石坂宗典(いしさかむねのり)(演・石井一孝)からサヤマ製作所の社長・椎名直之(しいななおゆき)(演・小泉孝太郎)を紹介されます。3年前までNASAにいたという椎名。バルブでサヤマ製作所が佃製作所とのコンペに参入するとの話を、航平はこの場ではじめて聞かされます。しかし財前は浮かない顔…なにやら帝国重工でも複雑な事情があるようですね。
でももし佃製作所がサヤマ製作所に負けてしまったら、大変なことになってしまいます。


一方日本クラインの試作品のチームリーダーを任された中里(なかざと)(演・髙橋光臣)は思うようにいかない試作品へのいらだちから、設計図の仕様に不平を漏らし、航平や山崎(演・安田顕)に叱責されてしまいます。
そんな中でようやく作り上げた試作品ですが、日本クラインからは仕様変更を告げられ、しかもそれは山崎が中里をなだめるために試しに作った試作品の形状とよく似ていました。


こちらからの要望は聞き入れず、ただ押しつけてくるだけの日本クラインのやり方に、航平は怒って席を立ってしまいます。
その帰路、向こうからやってきたのはサヤマ製作所の椎名でした。
そして航平のやり方について行けないと辞表を出した中里は、山崎の作った試作品データを自分の手柄としてサヤマ製作所へ…。なんだか波乱の予感がしますね。大丈夫なのか佃製作所!?


ガウディは私の夢


Sponsored Link

航平と喧嘩別れし、佃製作所を離れた真野(演・山崎育三郎)が、佃製作所への依頼を持って帰ってきました。山崎とこっそりと尽力してくれた航平のおかげで、真野は今、北陸医科大の研究員として働いていたのです。佃製作所にいたときの暗い顔や無精ひげもなくなって、すっきりした顔になっていましたね。


真野と一緒に佃製作所を訪れた心臓外科医の一村隼人(いちむらはやと)(演・今田耕司)と株式会社サクラダの桜田章(さくらだあきら)(演・石倉三郎)は航平たちに心臓弁をつくって欲しいと依頼します。


サイズが小さく、直接人体にはめこむため、リスクが大きくどこも請け負ってくれない難しい部品。しかも認可が下りなければ資金援助は見込めず、半年から1年という長い時間、開発費は佃製作所の負担になってしまいます。


さすがにそこまでの資金的な余裕はありません。他ならぬ真野の依頼であっても、出来ないことは出来ない。そう返答した航平に真野は訴えます。財前が佃製作所をその目で見て認めてくれたように、航平も桜田の仕事場を見て欲しい。自分の夢でもあるガウディを、私の見つけた夢を見てください。その言葉に、航平と営業部長の唐木田(演・谷田歩)と山崎は福井に向かいます。


そして桜田から、心臓弁膜症で亡くなった一人娘への罪滅ぼしの思いで、ガウディに打ちこんでいることを聞いた航平たち。「娘さんのことがあったからこそ、変わる未来がある。そう考えませんか」と航平は桜田に言います。未来を変える力が、技術にはある。そう信じている航平だからこその答え。道は困難だと分かっていても、航平たちは真野たちとガウディを完成させるために力を貸すことを決めたのです。


不穏な影が佃製作所に忍び寄る?


社長の人脈と巧妙な作戦で仕事を横取りすると噂のあるサヤマ製作所。日本クラインの仕事だけでなく、航平たちが引き受けたガウディも横取りしようと画策しているのが、ちょっと怖いですよね。


またなにか特許侵害の話になりそうな感じもしますが、大丈夫なんでしょうか。
でもお金儲けではなく「子供の命を救いたい」という真っ直ぐな思いで一致団結した航平たち。
難局が訪れても乗り越えてくれることを祈りつつ、次回も見逃せませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ