クリスマスに体験デート!京都の伝統工芸を体験できるスポットで

京都は見どころが沢山ありますね。寺院を巡るのもよいですし、京料理を堪能するものよし。京都の伝統工芸を体験してひと味違うクリスマスにしてみませんか?きっと一緒の体験をすることで二人の絆が深まること間違いなしです。お揃いの京都土産としても記念にもなりますね!おすすめ体験を紹介します。


清水寺観光とセットで!「清水焼絵付け体験」《森陶器館》


森陶器館 出典:http://www.moritoukikan.jp/index.html


清水寺近くにある「森陶器館」ではお手軽な清水焼の絵付け体験ができます!湯呑やマグカップなど10種類の素焼きの陶器から選び、2色、または5色の絵の具で絵付けすることができます。鉛筆で下書きをしてから色付けもできます。


絵付けした陶器は本焼きした後、1か月程で手元に届くので荷物が増えないのも嬉しいですね。時間も絵付けだけならそれほど時間もかからず、お手軽に体験できます。本格的に体験したいカップルは「手びねり体験」がおすすめ。作りたい作品から粘土の量を選んで、手回しのろくろを使って創作できます。釉薬は6種類から選べ、プレゼント用や記念にに本格的な体験ができますよ。


森陶器館 ※陶芸体験には予約が必要です。
ホームページ http://www.moritoukikan.jp/index.html
TEL 075-561-3457 


清水寺近くです。京都駅から市バス100・206系統「清水通」「五条坂」下車徒歩7分 駐車場は清水坂観駐車場が一番近いですが、混雑します。清水道バス停周辺のコインパーキングを利用し徒歩で行くものおススメです。





アクセス良好!「京扇子絵付け体験」《京扇堂》


京扇子絵付け体験 出典:http://www.kyosendo.co.jp/kyosensu_painting_class/


世界にひとつだけのオリジナル扇子を作りましょう!使うのもよいですが、部屋に飾ってインテリアとして楽しむのもよいですね。初めての方でも職人さんが親切に教えてくれます。絵付け後は実際に工房見学もでき、職人さんの手仕事の素晴らしさを見学することができます。


扇子が後日送られてくるので、楽しい思い出の記憶がまた蘇りますね。京都駅から徒歩圏内というのも嬉しいですね。


京扇堂 ※体験には予約が必要です。
ホームページ http://www.kyosendo.co.jp/kyosensu_painting_class/
電話 075-371-4151 


京都駅より徒歩10分 駐車場あり




色美しい伝統工芸「くみひも体験」《あ達くみひも館》


くみひも体験 出典:http://www.adachikumihimokan.com/index.html


京くみひもは平安時代から続く伝統工芸で、着物の帯締めなどが有名です。体験ではキーホルダーやストラップ、本格的には帯締めまで手作り体験ができます。色鮮やかに染め上げられた糸を、くみひも専用の台で組み上げていきます。初心者でも親切に教えて頂けるので、楽しんで作ることができます。


徐々に出来上がっていくとワクワクしてきますよ。色鮮やかで華やかな平安時代を感じられる体験です。京都御苑近くなので、体験後は御苑内を散歩するのもおすすめです。


あ達くみひも館 ※体験には予約が必要です。
ホーム―ページ http://www.adachikumihimokan.com/index.html
電話 075-432-4113 


京都駅から市営地下鉄烏丸線「丸太町」徒歩5分ほど 京都御苑近くです。




神秘的な灯りをともす「和ろうそく絵付け体験」《おつかいもの本舗京都八条口店》


和ろうそく絵付け体験 出典:http://www.otsukaimono-hime.com/pg133.html


和ろうそくは美しいフォルムと独特の燃え方で、最近では外国人にも人気があります。和ろうそくの一番の特徴はゆらゆらと揺れるオレンジの火の美しさだそうです。美しい絵柄も多く、仏壇はじめインテリアとしても人気があります。自分だけのオリジナル和ろうそくを作ってみましょう。完成品は箱に入れてくれるのでプレゼントとしてもいいですね。本格的に製造体験もあります。


おつかいもの本舗京都八条口店 ※体験には予約が必要です。
ホームページ http://www.otsukaimono-hime.com/pg133.html
電話075-694-1066


京都駅八条口から徒歩10分 駐車場1台




クリスマスの思い出に

Sponsored Link


何かを作ったりした達成感はとても楽しいものですよね。京都の伝統工芸に触れられることはもちろん、二人の素敵な思い出となることでしょう。


出来上がった作品をみてまた楽しかった思い出に会話も弾むことでしょう。



Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ