『偽装の夫婦 』出演の内田有紀 かわいい画像とCM動画

現在、日本テレビで放送中のドラマ「偽装の夫婦」。いよいよ、今週と来週の2回の放送を残すのみとなりました。物語は佳境をむかえ、ヒロと超治の偽装結婚にも新たな展開がありました。このドラマには、ヒロと超治の他にも、様々な個性的なキャラクターが登場しますよね。その一人が、ヒロに想いを寄せるシングルマザーのしおりです。今回は、このしおりを演じる内田有紀さんにスポットを当てて、これまでの代表作や魅力についてリサーチしてみました。

活躍の場は演技以外にも!内田有紀のプロフィールとは?

内田有紀

まずは、内田有紀さんのプロフィールをご紹介します。

本名:内田有紀(うちだゆき)
生年月日:1975年11月16日
血液型:O型
身長:165cm
出身地:東京都中央区日本橋

内田有紀さんは、中学生の時からCMに出演したり、モデルとして活動していました。本格的に女優デビューしたのは、1992年17歳の時です。当時は、ボーイッシュなショートカットで活発なイメージが印象的でした。


その後CDをリリースし、女性ソロ歌手ではオリコン史上初の初登場1位を獲得しました。以後、現在に至るまでドラマや映画で主演を務めるなど、第一線で活躍しています。プライベートでは、2002年ドラマ「北の国から」で共演した吉岡秀隆さんと結婚、2005年に離婚しています。


新しい一面を発見!内田有紀の代表作とは?


内田有紀

ここで、内田有紀さんの出演作をご紹介します。

<ドラマ>・その時、ハートは盗まれた(デビュー作)・ひとつ屋根の下・北の国から 2002年遺言・ビッグウイング・最後から二番目の恋・ドクターX外科医・大門未知子

<映画>・花より男子・CAT’S EYE・BEAT・踊る捜査線シリーズ・ばかもの内田有紀さんというと、フジテレビのドラマに出演しているイメージが強いですよね。その数はこれまで出演したドラマ約50作品中、半分を占めています。


90年代にブームとなった、トレンディドラマには欠かせない女優さんということでしょうか?そんな内田さんですが「最後から二番目の恋」では、今までのイメージを覆した役柄に挑戦しました。それは、恋愛経験がまったくなく、情緒不安定で部屋に引きこもっているという、35歳独身の万里子。


メガネをかけたもっさりとした雰囲気で、最初は誰が演じているのかわからないほどでした。内田さんは、この万里子を演じるにあたり、ネットで「不思議ちゃん」というワードを検索したそうです。自身も研究したというこの役は、見事はまり役となりました。


ドラマ「偽装の夫婦」のあらすじやみどころとは?


内田有紀
このドラマは、脚本家遊川和彦さんによるオリジナルストーリーで、主演の天海祐希さんは過去にも遊川さんの作品で主演を務めています。嘉門ヒロ(かもんひろ)(演:天海祐希)は、綺麗で頭も良く、おまけに身体能力も高いという、誰もがうらやむ完璧な女性。


だけど、過去に恋人に裏切られたというトラウマを持ち、人に対して心を開くことができません。そんなヒロが、裏切られた恋人陽村超治(ひむらちょうじ)(演:沢村一樹)と再会し、ひょんなことから偽装結婚という形で同居することに。超治と暮らすことにより、ヒロの心にだんだんと変化が現れます。


このドラマで、天海さんは人に甘えることができず、つい強がってしまう女性を見事に演じていますね。そして、回を追うごとに増していく「超治を今も昔と変わらず好き」という想いを丁寧に演じています。超治からは「ヒロは親友」という現実を突きつけられますが、その時初めてヒロは自分の気持ちと向き合います。


このドラマでは、超治役の沢村一樹さんのゲイぶりもみどころです。運搬業者の弟子丸保(でしまるたもつ)(演:工藤阿須賀)に対する恋心を、女子高生のようにコミカルに切なく演じています。ドラマはエンディングに近づいていますが、果たしてヒロの思いは超治に届くのでしょうか?どんな結末になるか楽しみですね。


ドラマ「偽装の夫婦」での内田有紀の役どころとは?


Sponsored Link

このドラマで、内田有紀さんは超治が園長代理を務める幼稚園に、一人娘を預けるシングルマザーの水森しおりを演じています。しおりは、元夫からDVを受けていた過去があり、男性恐怖症になってしまいますが、娘の運動会に参加し足の不自由な自分と娘を背負ってくれた、たくましいヒロを好きになってしまいます。


実は、しおりは元夫のDVがきっかけで、男性を愛せなくなってしまうんですよね。しおりにとってヒロは、まさに窮地を救ってくれる、男性のような頼れる存在なのかもしれません。しおりから「家族になってください」と告白されたヒロは、当然困惑しますよね。


自分が好きな人はゲイで、自分を好きな人はレズビアンって、相当ややこしい展開です。しおりは、ヒロが誰を想っているのかわかっていますが、自分の方に向いてほしいという女心も隠せません。最終回でしおりの想いはどうなるのかわかりませんが、幸せになってほしいです。


内田有紀の魅力とは?


内田有紀さんの魅力のひとつは、年を重ねた今でも若々しい美しさではないでしょうか。内田さんは今年40歳。ボーイッシュなデビュー当時から比べて、今は落ち着いた大人の女性ですよね。内田さんは自身の美容観について「年齢を重ねていくにつれ、見た目だけでなく心も磨かなければいけない。心が綺麗でないと生きづらさを感じてしまう」と語っています。


あの美しさは、内面からにじみ出たものだったんですね。アイドルから本格的な女優へと、うまくシフトするのは難しいですが、内田さんは見事成功していますね。内田さんは「最後から二番目の恋」で共演した小泉今日子さんが率いる「小泉会」に所属しているそうです。小泉会では頻繁に女子会が開かれ、米倉涼子さんや吉高由里子さん、石原さとみさんなど今をときめく女優さんがメンバーとなっているようです。


小泉今日子さんもかつてはアイドルで、今は女優として大活躍しています。大先輩を目標に、これからも女優として色々な役に挑戦して、楽しませてほしいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ