クリスマスイベント2015!横浜赤レンガ倉庫!見所と期間

今年で6回目を迎える『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫』は本場ドイツのクリスマスマーケットを模倣したイベント。今や来場者が64万人を超える冬の風物詩となった『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫』の見所などの情報をまとめてみました。

本場ドイツのクリスマスマーケットの歴史


横浜赤レンガ倉庫 出典:http://xmas.walkerplus.com/detail/ar0314il17388/


クリスマスも近づいたこの季節になるとドイツはどこへ行っても、必ずと言っていいほどクリスマスマーケットに出会えます。街の中心に並んだ可愛らしい屋台ではグリューワインやレープクーヘンが売られ、ドイツ人だけでなく海外からの観光客も多く訪れる冬の風物詩となっています。特にニュルンベルクのクリスマスマーケットは世界的にも有名で、”クリスマスマーケット”=”ニュルンベルク”と人々が思うほど規模的にも大きなイベントです。


本場ドイツのクリスマスマーケットが歴史に登場するのは1393年。フランクフルトのアム・マインで冬の来る前に日用品を売買するマーケットとして開かれたのが最初のようです。現在のようにコンビニや年末年始に営業するお店のない当時では、厳しい冬を乗り越えるために保存できる食料や燃料の薪、暖かい衣服などを手に入れることは重要なことでした。互いに必要なものを提供しあう市民の必要から生まれたものだったんですね。


時代も進み市民の生活が向上するにつれ、マーケットの意味や形態も変わっていきます。産業革命後の19世紀に入ってからは、より現在の形に近づきました。クリスマスのデコレーションをはじめ、手作りの地域の芸術品やおもちゃ、名産品などが屋台に並ぶようになります。


グリューワインを飲みながら今年飾るクリスマスのデコレーションを選んだり、子供や親しい友人のためのプレゼントを選んだりと、クリスマスまでの”アドベント”の時期を過ごす大切なイベントとなりました。


クリスマスデコレーションやその地域でしか手に入らない芸術品の勢ぞろいする、イルミネーションで眩いばかりに輝くマーケットは次第にドイツ国外にも知れ渡り、海外からも多くの人が集まる冬の観光イベントとして注目を集めています。


本場ドイツのクリスマスマーケットはその地方色が強く出ているのが特徴。最も注目の集まるのは”クリスマスオーナメント”。代々その家で受け継がれた伝統的なオーナメントがクリスマスマーケットに並びます。


また、マーケットで売られる食べ物や飲み物もその地方独特のものが多く並びます。ニュルンベルクでは『レープクーヘン』、ドレスデンでは『クリスシュトレン』といった具合。毎年、違う都市で行われるのクリスマスマーケットに交互に行く人も多いのもうなづけますね。


クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫 2015の日程と場所




横浜の赤レンガ倉庫で行われる『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫』も今年で6回目。今や64万人を超える人々が訪れる冬の風物詩です。

2015年の日程は以下の通り。

『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫』
期間:11月28日(土)〜12月25日(金)
時間:11月28日(土)〜12月18日(金)
   11:00〜22:00(ライトアップ|16:00〜22:00)
   12月19日(土)〜25にち(金)
   11:00〜23:00(ライトアップ|16:00〜23:00)
場所:横浜赤レンガ倉庫・イベント広場(神奈川県横浜市中区新港1-1)
URL:http://www.yokohama-akarenga.jp

イベント開催期間も4週間と本場と同じ長い期間開催されているので、予定を合わせてぜひ訪れてクリスマスの気分を味わいたいですね。


『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫 2015』の見所は!




『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫』の一番のイベントは何と言っても『おしゃれHANABI 2015』!広場に仕掛けられた花火がBGMに合わせて、冬の夜空をきらびやかに彩ります。日時限定ですがぜひ見たいイベントの一つです。

『おしゃれHANABI 2015』
開催日時:12月11日(金)19:00〜/12月18日(金)19:00〜
場所:横浜赤レンガ倉庫2号館

2015年の『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫』には19件の木の屋台”ヒュッテ”が並びます。ドイツのクリスマスには欠かせない”シュトーレン”や”グリューワイン”などをはじめ、”ドイツソーセージ”や”バウムクーヘン”などのメニューを提供しています。

今年はドイツでもっとも有名なぬいぐるみブランドの一つ”シュタイフ社”と提携し、同社のテディベアが登場するのも見逃せないポイント。貴重なテディベアのぬいぐるみが2号館に展示されるほか、テディベアと一緒に撮れるフォトサービスも行っています。

マーケットの中心にそびえるクリスマスツリーも忘れちゃいけません。高さ10mの本物のもみの木が会場をより一層クリスマスの雰囲気に盛り上げています。クリスマスツリーを中心に広がるイルミネーションが、ヒュッテを明るく照らす光景は一見の価値ありです。

『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫』を盛り上げるその他のイベントも見逃せない!


Sponsored Link

期間中は赤レンガ倉庫で様々なワークショップも行われています。親子で楽しめる内容のものもありますよ。昼間はワークショプを楽しんで、夜はイルミネーションに輝くクリスマスマーケットの雰囲気を楽しむなんてプランもいいですね。

『赤レンガ倉庫ワークショップ』
・クリスマスリース
日程:11月25日(水)・12月2日(水)・12月9日(水)・12月16日(水)
時間:14:30~17:00(受付時間 14:15~)
料金:3,700円(税込)ストロベリー&Wチョコレートのワッフル、ドリンク付き

・クリスマスキャンドル
日程:11月26日(木)・12月3日(木)
時間:14:30~17:00(受付時間 14:15~)
料金:2,700円(税込)ストロベリー&Wチョコレートのワッフル、ドリンク付き

・アロマワックスバー
日程:11月30日(月)・12月7日(月)
時間:14:30~17:00(受付時間 14:15~)
料金:3,200円(税込)ストロベリー&Wチョコレートのワッフル、ドリンク付き

各開催場所:横浜赤レンガ倉庫2号館1F『GRIP ORGANIC』


本場ドイツのクリスマスの雰囲気を楽しめる『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫』


本場ドイツのクリスマスマーケットも気になりますが、都内からわずか30分で行ける横浜で楽しめる『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫』も、ドイツの雰囲気を十分楽しめそうなイベントですね。冬のスケジュールにぜひ加えたいイベントです。


赤レンガ倉庫は海に面しており風が強めに吹く日が多いので、イルミネーションまで楽しみたい方は寒さ対策を忘れずに。石畳で足元から冷えるので厚手のソックスがオススメです。暖かいグリューワインを味わいながら、ドイツの雰囲気を楽しんでください。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ