厄介と今日子がついに!?『掟上今日子の備忘録』10話の感想とあらすじ!

探偵の依頼を受けた掟上今日子(演・新垣結衣)が姿を消して10日。必死にその行方を捜し続ける隠館厄介(演・岡田将生)。万策尽きた厄介がついに見つけた今日子。映画のポスターに見入るその後ろ姿に、声をかける厄介ですが、なぜか黒髪の今日子は「掟上今日子って誰ですか?」と…。
一体今日子の身に何が!? ついに最終回! 第10話の感想とネタバレをお送りします。

今日子ではなく里美!?


新垣結衣 出典:www.cinematoday.jp


とある部屋の一室で目覚めた今日子は、セットされたDVDで自分の名前が「澤野里美」だと知らされます。
夫の名前は澤野信二(さわにしんじ)(演・要潤)。結婚した後、自分は外に出て長く行方不明になっていたという
信二の話に従い、一日を過ごす里美(=今日子?)ですが、どうやら料理は出来ない様子。
そして出かけた先で大好きな須永昼兵衛の映画のポスターを見つけたときに、厄介と会ったのです。


多彩なバイト経験から尾行を試みる厄介ですが、まんまとまかれてしまいます。「私をつけるなんて100年早いです」と
自慢げな里美ですが、信二はなにやら思うことがある様子。


Sponsored Link


一方の厄介はなんとか今日子(=里美?)と話をしようとしますが、信二に「掟上今日子は悪い夢だったんです」と言われ、
今日子に別れを告げます。「今日の一日を大切に」と言い残して。


依頼人の熊条が亡くなり、今日子を住まわせる意味がなくなった以上、サンドグラスも不要となり、それぞれの身の振り方を
考えなければならなくなったサンドグラスの面々。しかし也川塗(演・有岡大貴/Hey!Say!JUMP)の「タイミングが合いすぎる」という疑問から3人と厄介は澤野信二を調べ始めます。


しかし厄介が現れたのと同じタイミングで引っ越しをし、行方をくらませた澤野夫妻。
また厄介は遠浅刑事(演・工藤俊作)たちから今日子が最後に向かったビルで起きたある事件に今日子が関わっていたことを
知らされます。そのときの犯人は「結納坂仲人」。今は名前を変えているそうですが、その顔は紛れもなくあの澤野信二でした。


一日で記憶をなくしてしまう今日子は、過去の事件の関係者に怨みを抱かれてもそれを知る術がないのです。
今日子の命が危ない! 果たして厄介たちは間に合うのでしょうか。

今日という日


Sponsored Link

熊条を調べるため大阪に向かった塗。どうやら今日子が熊条の隠し子なのではないか、という疑いが出てきます。
隠し子に渡されるという遺産相続に反発している立乃木夫妻の思惑と、今日子に復讐をしたい結納坂の思惑が
一致したのではないかと絆井法郎(演・及川光博)は推理しますが、監禁されているだろう今日子が外に出ようとする
にはよほどのきっかけがないと無理な話。


須永先生亡き今、須永フェスタはありませんし、先生のお誕生日はまだ先。ファンの集いも半年先…。
なにかないか探し続ける厄介に、なぜか自宅から電話が入ります。
電話を掛けてきたのは里美(=今日子?)でした。彼女は厄介に別れを告げられたあの日から、ずっと眠って
おらず、嘘をついて信二とともに外出し、逃げ出してきたのです。


「明日にしよう」という信二の言葉より「今日を大切に」と言ってくれた厄介を信じた今日子。しかし信二…もとい
結納坂が率いる黒ずくめの男たちが今日子を追いかけてきます。
厄介の机の上にあった「Kの備忘録」を手に、逃げる今日子。そして今日子は自分が忘れてしまった、でも
厄介が覚えている「掟上今日子」をその備忘録から知ります。


塗や幕間まくる(演・内田理央)の助太刀や、法郎が引き連れて来た武闘派の探偵たちのおかげで難をのがれた
今日子と厄介。
何も食べず飲まず3日も眠らなかった今日子に、「眠ってください」という厄介ですが、今日子は「忘れたくないんです」
と訴えます。「今日子さんが何度忘れてしまっても、僕はあなたの名を呼びます。何度でも」と答えた厄介と今日子は
ようやく心が通じ合いました。厄介の長い苦労がついに報われましたね。


でも目が覚めたらまた忘れてしまう今日子に、厄介はこれからどうするのでしょう?



最速で振られる厄介の未来は?


結局熊条の隠し子は誰だったのか判明しませんでしたが、今日子を恩人だと思っていた熊条の
心づかいがこのサンドグラスでした。
そしてどうやら本当の隠し子は案外近くに…!?


いつも通りにサンドグラスに現れた今日子に、声を掛ける厄介。映画の誘いをかけるも1分で
振られてしまう厄介ですが、落ち込むどころかさらにアタック。
そう、眠りに落ちる前、今日子から厄介は「次に会う時また一からくどいてくださいね」と
言われたのです。


何度でも何度でもあきらめないことを誓った厄介。「あなたがいる限り、この物語は終わりません」
と今日子に伝えた言葉も、今日子は覚えていませんが、厄介が覚えている限りこの2人の関係は
終わらないのでしょうね。


謎はまだ残っていますが、「お金とほんのすこしの謎があれば」今日も一日が楽しいはず、ですよね?



Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ