12月の沖縄!オススメのスポット!楽しみ方!気候と持ち物は?

冬のレジャーというと、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツや、
温泉旅行などがまず頭に浮かびますね。そろそろ計画を立ててる方も多いと思います。



今年は「沖縄」なんてどうでしょう。



沖縄

冬の沖縄も魅力が満載です。12月の沖縄で楽しめる、オススメを幾つかご紹介します。


12月の沖縄の気候と服装


沖縄


12月の沖縄の平均気温は19度。最高気温は26度、最低気温も13度と
数字だけ見れば暖かいようですが、冬の沖縄は曇りや雨の日が多く、
北東の風が強く吹くため、体感気温はずっと寒く感じます。



天気の良い日は半袖でも過ごせる日があるようですが、天気の悪い日は
きちんと防寒着が必要なようですね。寒がりな方はコートを着ても
おかしくない寒さです。冬の旅行の用意に、暑くても大丈夫なように
Tシャツなど半袖を加えて、雨具の用意をすれば大丈夫そうです。



オススメのスポット:琉球王国を忍ばせる世界遺産「首里城」


沖縄


沖縄には首里城をはじめ、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として
世界遺産に登録された史跡や建造物が全部で9つあります。



真夏の強い日差しの下、沖縄本島に点在するそれらを見学するのは、
考えただけでも汗が出てきますが、オフシーズンの沖縄なら天気が
良くても汗ばむほどではなく、夏に比べて訪れる観光客も比較的少ないため、
じっくり歩いて見学するにはもってこいの季節と言えます。



シーズンには満車のことが多い駐車場も、この季節なら空いています。
守礼門を通って正面から見学しましょう。



首里城と一緒に登録された他の世界遺産の
「今帰仁城跡(なきじんじょうあと)」や「中城城跡(なかぐすくじょうあと)」、
「斎場御嶽(せーふぁうたき)」や「玉陵(たまうどぅん)」なども、
ぜひ巡ってみてください。



遺跡を吹き抜ける冷たい風も、叙情を盛り上げてくれるかもしれません。
「中城城跡」ではプロジェクションマッピングも行われます。(12月下旬ごろ)



オススメのスポット:南半球の代表的星座「南十字星」


沖縄


日程に余裕があれば、石垣島や西表島などの八重山諸島へ、少し足を伸ばしてみましょう。
12月後半からは「南十字星」の姿を見ることができます。



「南十字星」は北半球ではなかなか見ることのできない、南半球の代表的な星座です。
四国の南より下であれば、日本でもその一部を観測することはできるのですが、
全体像を観測できるのは、南の島ならではの特権です。



なかなか見つけにくい星座ですが、冬の澄んだ空気も南十字星の観測を手伝ってくれます。
冬にしか見ることのできない、沖縄のオススメスポットの一つです。



オススメのスポット:毎年恒例の読谷山焼陶器市「やむちんの里」



Sponsored Link



読谷村座喜味(よみたんそんざきみ)にある「やむちんの里」では、
毎年12月中旬ごろに「焼陶器市」が開催されます。
「やむちん」とは沖縄の言葉で「焼き物」のことを指します。



昔ながらの伝統的技法で、一つ一つ丁寧に作られた「やむちん」の皿や壺などが、
通常の価格の2〜3割引で販売されます。中にはとてもB級品とは思えないような、
どこから見ても傷一つない掘り出し物もあるようです。



毎年多くの「やむちん」愛好家たちで賑わう焼陶器市で、
自分だけのお気に入りの「やむちん」を探すのも冬の沖縄の楽しみ方の一つです。



12月の沖縄の楽しみ方


他にも、暑い夏よりもむしろ冬がシーズンになる、
トレッキングやゴルフなどで体を動かしたり、糸満市で行われる
ピースフルイルミネーションを楽しんだりと、夏に負けないくらい
たくさんの見どころが満載です。



夏のシーズン中に比べると、12月20日ごろまでは1年で最も旅費が安くなり、
訪れる観光客も少なくなります。冬の沖縄はゆったりとした、
大人の雰囲気の時間を過ごせそうですね。


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ