神田古本まつり2015の日程と楽しみ方!イベント&便利情報!



東京の秋の一大イベントとなった『神田古本まつり』が今年も開催されます。
海外からも訪れる人のいる、国際的にも認知度も高いこのお祭り、
一体どんなお祭りなのでしょう。



神田古本 出典:jimbou.info




『神田古本まつり』の日程や場所など開催概要や、
初心者でも楽しめる情報などをご紹介します。



『神田古本まつり』とは


神田古本


神田古書店連盟が主催する秋の風物詩『神田古本まつり』は、1960年に創設され
今年で56回目を迎えます。日本全国はもとより、海外の愛好家からも認知される
ほどで、例年50万人の人が訪れる大イベントです。



神田の古書街は明治10年ごろに、付近に開校した明治法律学校(明治大学)、
英吉利法律学校(中央大学)、日本法律学校(日本大学)、専修学校(専修大学)
の学生を目当てに、法律書を扱う書店が集まったのが始まりと言われる、
130年の歴史を持ち、都内の古書の3分の1が集まっていると言われるほどの、
名実共のに日本一の古書街です。



2015年・第56回『神田古本まつり』の日程と場所


神田古本


2015年の『神田古本まつり』は

10月23日(金)〜11月1日(日)

の10日間の日程で開催されます。場所は神田神保町古書店街で、
駿河台下交差点から仙台前交差点までのエリア一帯になります。



期間中、靖国通りには古書店と向き合うように書棚が並び、
『本の回廊』が出現します。本の宅配サービスも行っているので、
手ぶらで帰ることができます。



『神田古本まつり』の楽しみ方


神田古本


古書というと難しそうで、マニアックな印象を持つ人もいると思いますが、
古本の町・神田なだけあって、様々なジャンルの腰店が軒を連ねています。
映画のパンフレットや、中にはアイドル誌専門の古書店などもあるので、
散歩がてら覗いてみると懐かしいものに出会えるかもしれません。



『神田古本まつり』の日程に合わせて、すずらん通り〜桜通り一帯には、
新刊書店や出版社のブースも並びます。定価の2〜3割引や半額の値打ち品が
販売されています。飲食店の出店も多くあります。



お祭りの見世物を見に行く感覚で散歩がてら出かけて、お腹が空いたら
出店で軽く食事といった、気楽な感覚で楽しでもらいたいと思います。



第56回『神田古本まつり』のイベント&便利情報


Sponsored Link


メインイベントの『青空掘り出し市』は、期間中10時〜19時に靖国通り沿い
を中心に開催されています。雨天中止なので微妙な天気の時はご注意ください。
『特選古書即売展』は、10月23(金)〜25日(日)の3日間、東京古書会館の
地下ホールで開催されています。



鑑定士が登場しそうな肉筆書や掛け軸、色紙などが並ぶディープな世界を
覗きに行くのも楽しそうです。他にも、トークイベントや印刻体験
ワークショップなど、古書を買わなくても楽しめるイベントも開催されているので、
是非チェックしてみてください。



各イベントの詳しい情報は神田神保町のオフィシャルサイト

『JINBOU BOOK TOWN』

で確認できます。



同時開催されている『神保町ブックフェスティバル』の詳細は、
すずらん通り商店街のイベントの情報は

『神田すずらん通り商店街』のHP

http://www.kanda-suzuran.com/index.html

からご確認いただけます。



『神田古本まつり』から読書の秋を始めてみる


神田神保町の古書街は環境省の選定する『かおり風景100選』にも選ばれています。
古書店から漂う独特のかおりを味わいながら、130年の歴史を持つ街を堪能するだけでも、
ノスタルジックな雰囲気に浸れる街です。


そんな古書街の雰囲気を楽しみながら、もしかしたら素敵な古書との出会いが
あるかもしれません。


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ