お中元とお歳暮とは?違いは?いつ頃がベスト?関東と関西で違うの?

今年も残り3ヶ月となりました。ハロウィンにクリスマスなどの大きな
イベントや、大掃除や年賀状作成など年末へ向けて大忙しです。
忙しい中忘れてはならないのが「お歳暮」です。夏のお中元とともに、
大切な行事の一つです。



神田古本


今年は何を贈ろうかと、毎年頭を悩ませる人も少なくないでしょう。
そもそもお中元とお歳暮はいつ頃から行われるようになったのでしょうか。
お中元とお歳暮の成り立ちや違い、気をつける点などをまとめてみました。



お中元の由来と時期





中国の道教には「三元思想」と言い、
上元(1月15日)中元(7月15日)下元(11月15日)
を祭日としてお祝いするしきたりがあります。



中元は「死者の罪を赦すことを願う」風習に定着し、同じ日に
「先祖の霊を供養」する中国仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と
習合します。日本ではこれが「お盆」の行事となるわけです。



お中元はこの「お盆」から派生したもので、
「目上の方やお世話になった方へ贈り物をする」慣習
として定着しました。



そういった経緯から、お中元を贈る時期は「お盆」の頃までになります。



お歳暮の由来と時期



「歳暮」という言葉の本来の意味は、「年の暮れ」や「年末」と
いう意味ですが、現在はお世話になった方へ感謝する「歳暮周り」の
贈り物を指して言うようになりました。



もともとは、新年に年神様へお供えする物品を、本家や家元へ
届ける行事でした。新巻鮭や数の子はお神酒に添える酒肴の名残と
言われています。



これが時代を経るごとに、「お世話になった方へ感謝の贈り物をする」
という現在の姿へ変化してきました。現在は宅配が主流なので
特に問題ありませんが、直接訪問していた頃は、年末の忙しい
時期を避けて12月10〜20日ごろ伺うのがマナーでした。
百貨店などではこの時期に届くよう発送しているところがほとんです。



関東と関西では違いがあるの?


Sponsored Link


お中元もお歳暮も「感謝の気持ちを贈り物にする」という意味自体は
日本全国変わりませんが、贈り物の内容や時期は地域で違いがあるようです。
その地域の慣習によるものなのですが、関東ではお盆は7月15日に行いますが、
関西は旧暦に当たる8月15日に行うのが普通です。



必然的に、お中元も関西では8月の行事となります。
歳暮に贈る新巻鮭も、関西では一部「寒ブリ」を贈る習慣があるようです。
他にも、贈り物にかける「のし」も地域で違いあるので、
失礼のないように事前に調べるか、
気心の知れた方であれば直接尋ねるのも、間違いがなくて良いかもしれません。



感謝の気持ちを贈る行事



お中元もお歳暮も「感謝の気持ち」を贈り物にする点は
どちらも同じです。相手の顔を思い浮かべながら品物を選べば、
悩むことなく自然とその方に喜んでもらえるものが選べそうです。



感謝の気持ちがきちんと伝われば、多少の時期や風習の違いも気に
ならないとかもしれませんね。日頃の感謝の気持ちが伝わるように、
心を込めて丁寧に選びたいものです。


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ