養老渓谷の紅葉見頃・駐車場情報!オススメランチ、ディナー

都内から日帰りで行ける紅葉スポットに、千葉県の『養老渓谷』があります。養老川の上流に形成された渓谷で、春にはツツジや藤の花が、秋には付近の雑木の紅葉を楽しめます。養老渓谷とその周辺の情報を集めてみました。

養老渓谷までの交通手段と駐車場情報


養老渓谷 出典:www.odakyubus.co.jp


養老渓谷は房総半島の膨らんだ形をした部分のちょうど真ん中あたり、千葉県夷隅郡大多喜町から市原市へまたがって流れる養老川の上流付近に位置する渓谷です。


電車ではJR内房線の五井駅から小湊鉄道に乗り換え養老渓谷駅まで約1時間、東京駅からはJR京葉線か総武線の君津行きが便利ですが、1時間に1〜2本と本数が少ないので、JR京葉線に乗って蘇我でJR内房線に乗り換えて五井駅までのルートが確実です。どちらも時間は約1時間です。


車でのルートは館山自動車道を市原ICで降り、国道297号線→県道81号線を通って養老渓谷まで約50分程度です。1日400〜500円で借りられる駐車場もありますが、紅葉のシーズン中は大型観光バスも増え、慢性的に渋滞が起きています。


歩けば20分程度の距離も、車で2時間かかることも少なくないとのこと。養老渓谷駅より手前の駅付近で駐車場に車を預けてから、小湊鉄道を利用して訪れるのが賢い方法のようです。
※注意:2015年10月5日現在小湊鉄道の養老渓谷前後の区間が、大雨被害のため運転が見合わせとなっています。復旧は10月下旬ごろの予定ですが、事前に確認してからお出かけください。代行バスでの輸送が行われています。


養老渓谷の紅葉が見頃になる時期


紅葉

関東でも暖かい千葉県に位置する養老渓谷は、その標高も養老渓谷駅前で海抜135mと低く、関東でも比較的紅葉が遅くまで見られる場所です。気象情報会社が発表した紅葉の予想時期によると、今年も例年通り11月中旬ごろから12月上旬ごろに見ごろのピークを迎えそうです。


今年は関東の平野部の寒気の流れ込みが弱く、紅葉の時期が平年より遅れそうなので、場合によっては養老渓谷の紅葉の見頃と同じ時期にピークを迎えることもありそうです。ネットなどで注意して情報を集めましょう。


養老渓谷周辺の飲食店事情


Sponsored Link

養老渓谷にはそば屋さんなどの和食を中心に10〜15軒ほどの飲食店があります。本格フレンチを食べられる『ラ・フランス』や、温泉入浴付きのランチを提供している『嵯峨和旅館』などは事前に予約を取るようにしましょう。どの店も紅葉時期には混雑が予想されるので、来る途中に昼食は済ませてくるか、途中で購入してくることをオススメします。


ほとんどの飲食店が17〜18時頃には閉店してしまうため、現地で夕飯を取ることは難しそうです。ゆっくり過ごしたいのであれば、養老渓谷温泉の宿を取ることをオススメします。養老渓谷駅周辺から養老川に沿うように12軒の温泉宿が立ち並んでいます。


小湊鉄道の五井駅周辺は飲食店も多く、行く前や帰る途中に立ち寄って食事を済ませるのもいいかもしれません。
養老渓谷の飲食店情報は、
『養老渓谷観光協会』の公式HP
http://www.youroukeikoku.com/eat/
でご確認ください。


ローカル鉄道に揺られていく紅葉狩り・養老渓谷


東京近郊には小旅行気分で片道1〜2時間で行ける紅葉スポットが多くあります。現地での目的である紅葉を楽しむことももちろん大切ですが、行くまでの工程を楽しめることも旅の醍醐味の一つです。普段はなかなか乗ることのないローカル線に揺られるのも、旅行でしか味わえない楽しみの一つですよね。


養老渓谷駅へは、五井駅から上総中野駅間を結ぶ小湊鉄道の他に、遠回りにはなりますが、JR外房線・大原駅と小湊鉄道・上総中野駅間を結ぶ『いすみ鉄道』があります。
行きは小湊鉄道で、帰りはいすみ鉄道で、のどかな田園風駅を眺めながらゆっくり移動する旅も、たまにはいかがですか?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ