天海祐希『偽装の夫婦』2話の感想とあらすじ!ネタバレ注意!

前回の「偽装の夫婦」は、嘉門ヒロ(かもんひろ)(演:天海祐希)が働いている図書館に、絵本の読み聞かせで出会った幼稚園児の水森由羽(みずもりゆう)(演:井上琳水)とその母親、水森しおり(みずもりしおり)(演:内田有紀)がやってきて「私たちの家族になってくれませんか?あなたのことを好きになってしまいました」と告白するシーンで終わりました。


今回第2話は告白の続きから始まります。それでは、第2話の感想を書いていきます。


「偽装の夫婦」第2話 前半の感想


天海祐希 出典:宝塚歌劇まとめ.com

しおりの告白は続いていました。足が不自由になってから、由羽の父親から暴力をふるわれるようになったこと、それが原因で男性が嫌になったこと。ヒロを運命の人だと思ってしまったこと・・・。娘の由羽も同じ気持ちというから驚きです。


そのとき、図書館で寝泊まりし、荷物も全部置いていたヒロですが、陽村超治(ひむらちょうじ)(演:沢村一樹)が好意を抱いている宅配業者、弟子丸保(でしまるたもつ)(演:工藤阿須加)と一緒にヒロの荷物を運び出しました。超治は保と一緒にいれてうれしそう。図書館館長須藤利一(すどうりいち)(演:田中要次)はヒロが結婚すると知って大慌て。それを見ているほかの図書館職員たち・・・おかしな空気が漂います。


ヒロは館長から逃げるように超治の家へ荷物を運ぶことを承諾します。家に行くと、超治の母親陽村華苗(ひむらかなえ)(演:富司純子)が安産祈願のお守りを持ってやってきました。早く事実を伝えないと、大変なことになりますよ!でも、華苗の勢いがすごすぎて、ヒロも超治もなにも言い出せません・・・思い込んだ母親って、すごいです。


それでもヒロはなんとか、「超治とは結婚できない」と言って家を出ますが、翌日華苗は「超治からマリッジブルーだと聞いた。説得してもらうためにあなたの育ての親に挨拶したい!」と言い出します。真実を知らないとはいえ、行動力すごすぎます。


ヒロの両親は、ヒロが幼いころに亡くなっています。華苗はヒロの育ての親 郷田照乃(ごうだてるの)(演:キムラ 緑子)と話をしますが、途中でトイレで倒れ、そのまま超治の家へ戻ります。照乃のヒロに対する感情は、なんでしょうね。ただ嫌いに思っているだけではないように見えます。ヒロの子供時代に、いったいなにがあったのでしょう?


「偽装の夫婦」第2話 後半の感想


Sponsored Link

倒れた華苗ですが、薬を飲んで落ち着きます。照乃から結婚の許しも得たのだから、せめて結婚記念の写真を撮ってほしいとヒロにお願いをして、眠りにつく華苗・・・。でも、直後に超治がヒロの300万円を黙って立て替えていたことが判明し、「人の弱みにつけ込むな」と怒ってヒロは家を出ていきます。


超治はヒロのことを「親友」といい、ヒロが3歳の時に火事で亡くなった両親のお墓の前で「ヒロと死ぬまで親友でいる」と誓いますが、ヒロは心を閉ざしたまま。超治と別れてからずっと、人間嫌いに拍車がかかっていたヒロが、そう簡単に心を開くはずありませんよね。


ヒロは保に荷物の運び出しを手伝ってもらい、新しいアパートへ向かいます。その車内で、超治がどれほどヒロのことを親友として大事に思っているかを知り、幼稚園へ向かいます。超治はヒロのことを「ソウルメイト」とも言っていました。男女ではなく、ゲイだからこそ、そういう関係が築けるのでしょうか。


幼稚園ではお誕生会が開かれていますが、子供たちはなんだか揉めています。そこへ現れたヒロが子供たちの心を鷲掴み!揉めていた子供たちの問題を解決してしまいました。ヒロ、本当に人間嫌いなのでしょうか・・・あまりに人として素敵すぎます。一件落着し、しおりの告白への返事もします。しおりを傷つけないよう、ヒロは精一杯考えていたようです。


結局、ヒロは結婚記念の写真撮影を行います。綺麗なウエディングドレス姿でした。しかし、写真だけでは満足しない華苗は、今度は婚姻届けと結婚式場のパンフレットをたくさん持ってやってきます。母親の暴走が止まりません!!


第2話のまとめ・感想、第3話の展開


第1話に比べると、ヒロの心の声が過激になっているような気がします。作り笑顔とのギャップがありすぎて、心の声がテロップ表示されるたびに笑ってしまいます。


息子の幸せを願うばかりに暴走気味の華苗とは対照的に、ヒロへ対する冷たさというか、憎しみというか、とにかくヒロをかわいいと思っていない照乃が少し怖くもありますね。超治はヒロのことを「親友」だとか「ソウルメイト」だとか表現します。


そういうときは決まってオネエになるし、ヒロが心を固く閉ざしている時もオネエ口調で興奮気味に語ります。そんな沢村さんの演技は今後も見逃せませんね。予告では、華苗が持ってきた婚姻届けに署名捺印をしてしまった超治を責めるヒロがいます。


役所に提出してしまったら、偽装ではなく本物の夫婦になってしまうわけですよね・・・さらに「うそついてたのねぇ~~」という華苗とヒロのシーンで予告は終わりますが、ヒロと超治が華苗についている嘘は一つや二つではありません。なにがバレたのか、もしかして、全部バレたのか?次回も見逃せない展開になりそうです!


《関連記事》
天海祐希『偽装の夫婦』1話のあらすじと感想!ネタバレ注意!視聴率14.7%
http://tetsutaro-info.com/archives/677.html

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ