京都・清水寺2015の紅葉見頃・駐車場情報!オススメランチ

「清水の舞台から飛び降りる」と比喩にも使われるほど有名な清水寺。舞台から見下ろす京都の町並みは、海外からも多くの観光客が訪れる絶景スポットの一つです。秋には東山を埋め尽くす紅葉も楽しめます。

京都・清水寺について:場所や駐車場情報


清水寺 出典:http://photo53.com/
サイト名:京都写真


京都東山にある音羽山清水寺は、778年奈良時代の末期に奈良子島寺の賢心(後の延鎮上人)によって開かれました。1994年には、京都市・宇治市・大津市の17の寺社から構成される『古都京都の文化財』の一部として、世界遺産にも登録されています。


京都の中心部から見て東に位置する清水寺は、JR京都駅から市バス206系統・東山通北大路バスターミナル行きか、100系統・清水寺祇園・銀閣寺行きに乗って五条坂で下車し、そこから徒歩で10分程度です。土日には京都バス18系統・大原行きも停車します。


境内に駐車場はありませんが、京都市市営駐車場をはじめ、清水寺周辺一帯にに多くの一時預かりの駐車場があります。


京都は紅葉シーズン以外でも観光客の多い街なので、公共交通機関の利用をオススメします。市バスと京都バスの均一運賃区間が乗り放題の『市バス・京都バス1日乗り放題カード』(500円)を使えば、市バスの場合運賃が230円なので、3回乗ると元が取れてしまいます。


また、JRを始め阪急電鉄・京阪電車・近畿日本鉄道から販売されているチケットは、バスと鉄道が乗り放題や割引になるほかに、京都市営地下鉄が含まれているものもあるので、計画の段階からお得なチケットを利用したプランを組むとリーズナブルに観光できます。


清水寺の紅葉の見ごろ


清水寺 出典:www.kiyomizudera.or.jp


2015年の関西地方は9月の気温が例年より低めで、関西地区の紅葉も例年より3〜7日早くなる見込みと予想されています。清水寺は例年11月下旬から12月上旬にかけてが見頃とされていますが、少し早めに11月中旬には見頃を迎えることも予想されるので、お出かけ前にはインターネットなどでリアルタイムの情報を確認しましょう。



また、紅葉の時期に合わせて11月14日から12月6日まで、18時より境内のライトアップが行われます。昼(300円・17時半まで)と夜(400円・18時から)は別料金ですのでご注意ください。清水寺の境内は斜面全体に広がっているので、境内の本堂(舞台)以外でもどこかしらで見頃を迎えた紅葉に出会えるはずです。


清水寺周辺のランチ事情


清水寺の参道につながる産寧坂・二年坂には、京都名物『八つ橋』の老舗やお土産物屋さん、飲食店などが軒を連ねています。湯豆腐で有名な『総本家ゆどうふ奥丹清水』(昼・夜3500円〜)もここにあり
ます。





清水寺の産寧坂から八坂神社のある円山公園の方向と、円山公園から鴨川の方向に向かうエリアにも飲食店は多くあるので、清水寺と円山公園周辺の観光プランの中にランチの時間を組み込むのがオススメです。行列ができるほど人気の親子丼が有名な『ひさご』や、錦鯉の泳ぐ日本庭園を見ながらわらび餅を楽しめる『洛匠』はこのエリアにあります。


また、清水寺からそれほど遠くない四条河原町周辺にはファーストフード店や百貨店のレストラン街があります。


ランチで京都の味を堪能するのであれば、予約が必要な店もあるので注意しましょう。週末などは予約だけで満席のことも多いので早めにプランを立てましょう。


清水寺周辺のディナー事情


京都本来の味を楽しもうと思うのであればランチがオススメです。
というのも京都の味というと、和食が多く懐石料理が中心になり、どうしても敷居の高い店が多くなってしまいます。お昼でも予算3000円をくだらない店が多いので、昼夜同じメニューの店でも夜は飲み物を入れたら5000円前後の予算が必要になってきます。


京都はJRや阪急電鉄を使えば大阪・梅田まで片道30分と近いので、昼は京都観光と京料理のランチを楽しんで、夜は食い倒れの街大阪でディナーを楽しむのがオススメです。大阪駅から近い北新地や茶屋町には、大阪名物の串揚げやもつ鍋、お好み焼きといったリーズナブルなグルメがいっぱいあります。是非検討してみてください。


紅葉の海に浮かぶ京都・清水寺の舞台


Sponsored Link

京都は日差しがあれば暖かくなりますが、朝晩や曇りの日には気温が下がり、最高気温と最低気温の差は10度前後あります。上着や機能性下着など暖かくする準備も忘れないようにしましょう。


なお、平成20年(2008年)から『平成の大改修』を11年計画で行っている最中ですので、有名な本堂の舞台が修復中の可能性もあります。『平成の大改修』と連動した企画も催されています。普段は見ることのできない貴重な資料の展示もあるので、予定が合えば是非チェックしてみてください。

《清水寺のHP》
http://www.kiyomizudera.or.jp/


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ